ニュースNews

2020

NEWS

2020.09.15

自動車の通信機器やセンサー部品向けPBT新グレード:長期特性改善材料の紹介をWEBサイトに公開

ポリプラスチックス

 ポリプラスチックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:塩飽 俊雄、以下、ポリプラスチックス)は、このほど、「ジュラネックス® PBT長期特性改善材料の紹介」を自社サイトに公開しました。

 

 

▼ポリプラスチックス株式会社公式サイト 
https://www.polyplastics-global.com/jp/

▼ジュラネックス® PBT長期特性改善材料の紹介 
https://www.polyplastics.com/jp/product/lines/pbt_long-term/index.html

 

■今回の記事公開の意図
 最近の自動車はADAS(Advanced Driver-Assistance Systems; 先進運転支援システム)の機能が進化しながら増加傾向です。これに伴い通信機器やセンサーの部品数も同様に増えています。通信機器やセンサーの部品には長期信頼性が強く求められるため、その優れた耐熱性、機械的強度、成形性から、使い勝手の良いPBT樹脂が検討、採用される機会が増えています。
 このような市場の要求に応え、今回当社では、自動車用コネクターなどで要求される靭性や成形性、強度を落とさずに、加水分解性を大幅に改善したジュラネックス PBT 201HRを開発しました。
 併せて、パワーモジュール、EPSなどGF系PBTが使われること事が多い分野向けに、耐加水分解性に加え、耐ヒートショック性を大幅に改善したジュラネックス PBT LTシリーズもご紹介します。

 

■ジュラネックス® PBT 201HRとは
 無充填HBのPBTです。自動車用コネクターには従来 、無充填のPBTが使われてきましたが、市場にて高まる長期寿命の観点から、加水分解性の向上が求められていました。今回ご紹介する201HRは靭性、強度、成形性を低下させずに、加水分解性を大幅に改善した材料です。

 

■ジュラネックス® PBT LTシリーズとは
 耐加水分解性と共に耐ヒートショック性を向上させたGF30%のPBTです。LT530HR(HB相当)とLT530FR(V-0)の2種類があります。主な用途はパワーモジュール、DC/DCコンバータ、モーターインシュレータ―、EPSなどの金属インサート成形品です。当社のヒートショックテストではPBTGF30%一般タイプはもちろん、PPSよりも優れた結果が出ています。