DURANEX® PBTProducts

多種多様な特長に変化する
マルチ素材

ジュラネックス® PBTは、耐熱性と優れた電気特性をあわせ持っていることが特長です。さまざまな種類の強化材・添加剤と相性がよく、顧客のニーズにより、いろいろな特性を付与することが可能なため、多種多様なグレードラインナップを展開しています。自動車のワイヤーハーネス用コネクタや各種電子部品から、身近なものでは化粧ブラシや紙ラミネート食品容器などへも採用され、幅広く役立っています。

主な特長

PBTは主鎖にエステル結合を持つ直鎖状の熱可塑性飽和ポリエステルで、化学名のPolybutylene terephthalateを省略した名称でPET樹脂と同じ仲間に入るポリマーです。

構造式

高い融点と結晶化度を持ち、吸水率や熱膨張係数が低いため優れた寸法安定性を示します。また電気絶縁性にも優れ、吸湿による電気特性の変化が小さく、絶縁破壊電圧が高いという特長を持っています。

PBTは結晶構造に結晶部と比較的多くの非晶部が存在します。このため添加物による改質や各種の機能の付与が容易であり、難燃グレード、ハイサイクルグレード、高衝撃性グレードなど、多くの性能を付与したグレードがあります。
コネクタ、マイクロスイッチ、コンデンサケースなどの電子部品、OA機器のキーボードや電話機などの機能部品、車載用エレクトロニクス部品やEV車用充電ガンなどの自動車部品、そして、医療機器、住宅資材、精密機器など、私たちの日常生活の身近な製品に数多く採用されています。

※ ジュラネックス® PBTは、関連会社のウインテックポリマー株式会社で製造・販売しています。

原料と製造法

PBTはエステルのポリマーであるため、酸とアルコールから合成されるエステルを重合したものです。
酸は、テレフタル酸、アルコールは1,4 ブタンジオールを原料として使われ、重縮合(Polycondensation)でPBT Polymerを作ります。この方法は直接エステル化法(Esterification)といわれます。

テレフタル酸は昇華性を持つ固体で、精製が困難なので、テレフタル酸をメタノールでエステル化した、テレフタル酸ジメチルと1,4 ブタンジオールから重縮合して、PBT Polymerを作る方法もあります。この方法はエステル交換法(Ester Interchange)といわれます。

生成したPBT Polymerはどちらの方法で作られても、分子量が同じなら同じ物性、性能を示します。
PBTは非強化の状態でも使用されますが、一般的にはガラス繊維等を強化する事で、機械特性や熱的特性が向上するため、多くのグレードはPBT Polymerに各種強化材、添加剤をコンパウンドして様々な特長のあるグレードが作られています。

代表的なグレード一覧表

区分 特長 グレード名
徐燃・標準 非強化 2002
徐燃・標準 GF15%強化 3105
徐燃・標準 GF30%強化 3300
低そり・LDシリーズ GF30%強化・耐加水分解 733LD
耐加水分解 GF30%強化 330HR
耐加水分解・耐ヒートショック GF30%強化 531HS
耐アルカリ性向上 GF30%強化・耐加水分解 532AR
超高流動・徐燃 GF30%強化 SF3300
超高流動・徐燃 GF30%強化, 低そり SF733LD
難燃・グローワイヤー特性向上 GF強化 330GW*
高耐衝撃 非強化・難燃・高耐トラッキング 457EV
ノンハロ・高耐トラッキング GF30%強化 330NF
良外観・良光沢・難燃  GF強化,低そり  756HA
難燃・標準・UL50%リグラインド認定品 GF15%強化 GFR315
難燃・標準・UL50%リグラインド認定品 GF30%強化 GFR330

*はグレード紹介となります。

主な用途例

  • Automotive connectorsハーネスコネクター

  • Electronic throttle body (ECU case)電子スロットルボディ(ECUケース)

  • IH cooking heaterIHクッキングヒーター

  • Make-up brush化粧ブラシ(繊維)

  • Paper laminate (for food)紙ラミネート(食品用)

  • Power supply gun給電ガン

製品関連情報