研究開発本部(R&D)Technical Support

 研究開発本部は、当社の技術サポートの発信地であり、約50年の経験と実績を持ったエンジニアリングプラスチックの技術者集団です。
豊富な樹脂データと蓄積された技術に基づき、お客様のご要望に応じた材料開発、製品設計や信頼性評価、成形技術や接合などの二次加工までをご支援いたします。エンジニアリングプラスチック専業メーカーだからこそできるサービスを、世界各地の拠点からお客様に提供しています。

优酷(Youku)はこちら

ソリューションご提供までの流れ

最適材料の
ご提案、部品設計・成形加工から
製品性能評価まで

求められる機能を持った材料の先行開発はもとより、製品設計技術のご提案から製品寿命予測まで、
常に最先端のソフトとハードを駆使し、最適なソリューション技術をタイムリーに提案します。

お客様の構想

01

材料開発・材料選定

ニーズに先行して新規材料や新工法を開発、また使用条件に最も適した材料を選定・提案します。

02

製品設計・金型設計

豊富な経験や試験データをもとに、製品や金型の設計を支援します。CAEを利用した変形対策などのご提案も行います。

03

成形加工・二次加工

製品に最適な成形加工や表面加飾・接合などの二次加工の提案・支援を行います。

04

製品評価・製品解析

最新の分析・解析技術および蓄積された長期信頼設計データでお応えします。

The Research and Development Center (RDC)

研究開発センター(RDC)

最適材料の開発・選定と
材料基盤技術研究

研究開発センターは、新規ポリマーの探索、価値の高い新たな機能・特性を付与した材料開発、さらに最新の混練分散技術を応用することで、お客様のご要望にお応えいたします。私たちは、常にエンプラに関する市場のニーズと研究の動向を幅広く入手し、最新の技術検討を行うことを心がけています。エンプラ専業メーカーとして永年にわたり蓄積してきた技術をベースに、お客様に最新かつ最適な材料をご提案いたします。

Technical Solution
Center (TSC)

テクニカルソリューションセンター(TSC)

製品設計・成形加工から
製品性能評価・解析まで

テクニカルソリュ-ションセンターは、お客様と連携し、設計から製造まで一貫した技術サポートを行うことにより、質の高い「ものづくり」へのご要望にお応えします。特にコンピュータを使った形状設計・金型設計(CAE)や各種分析・解析、長期寿命予測などの技術開発を通じて、より高精度な製品開発支援が可能です。また、長期信頼設計に必要なデータは業界No.1であり、常に最新の樹脂データをご提供することで、お客様が安心して当社製品を使った製品設計ができるよう心掛けています。

Showroom

ショールーム

テクニカルソリューションセンター内に弊社製品が採用された製品や部品を展示しています。

Location

アクセスマップ

住所
〒416-8533
静岡県富士市宮島973番地
Phone
(0545)64-7314
FAX
(0545)64-4532
日本以外の
技術サポート拠点情報