沿革About Us

1960

1962年

06月

輸入販売会社ポリプラスチックス株式会社設立(6/26 創立記念日)ポリアセタール(POM)の輸入販売開始

1964年

05月

日・米の総合化学会社、大日本セルロイド株式会社(現・株式会社ダイセル)、セラニーズコーポレーション両社合弁の製造・販売会社としてポリプラスチックス株式会社を設立(5/4 設立、資本金16億円、本社:大阪)

1968年

09月

富士工場竣工 日本初のPOM重合プラント完成(9/9 竣工式、年産7,500トン)

1970

1970年

05月

富士工場、POM重合プラント設備能力を倍増(年産15,000トン)

1970年

10月

ポリブチレンテレフタレート(PBT) の輸入販売開始

1971年

01月

プラスチックサービスセンター、富士に完成(1975年4月テクニカルサービスセンターへと改称)

1979年

01月

富士工場 輸入PBTポリマーによるコンパウンド開始

1980

1984年

05月

テクニカルサービスセンター新館、富士に完成

1984年

11月

富士工場 PBT重合プラント完成(年産10,000トン)

1985年

12月

液晶ポリマー(LCP)の輸入販売開始

1986年

10月

呉羽化学工業株式会社(現:株式会社クレハ)とポリフェニレンサルファイド(PPS)につき業務提携し、開発販売開始 PPS/LCPコンパウンド生産開始

1987年

08月

研究開発センター新館、富士に完成

1988年

06月

ヘキストグループ並びに長春グループとともに合弁会社Taiwan Engineering Plastics Co., Ltd.(略称:TEPCO)を設立《6/6 台湾・台北》

1988年

12月

東京支社(霞が関ビル)を東京本社とし、大阪・東京両本社制を採用

1990

1992年

03月

TEPCO・大発工場 POM製造開始(年産20,000トン)

1992年

09月

シンガポール駐在員事務所を開設

1993年

10月

香港駐在員事務所を開設

1994年

08月

Polyplastics China Ltd.(略称:PCL )を設立《8/30 香港》

1994年

10月

TEPCO・大発工場に台湾テクニカルサービスセンターを開設

1995年

01月

ヘキストグループが持つアジア・太平洋地域におけるエンプラ独占的販売権と独占的商標使用権を取得

1995年

10月

富士工場 POM重合プラント能力拡張(年産100,000トン)

1996年

02月

富士工場 LCP重合プラント完成(年産2,800トン)

1996年

10月

Polyplastics Marketing (T) Ltd.(略称:PMT)を設立《10/10 タイ・バンコク》 Polyplastics (Shanghai) Ltd.(略称:PSL)を設立《10/31 中国・上海、2005年5月設立のPSLの前身》

1997年

03月

Polyplastics Asia Pacific Sdn. Bhd.(略称:PAP)を設立《マレーシア・クアラルンプール》

1997年

07月

Polyplastics Asia Pacific Singapore Pte. Ltd.(略称:PAPS)を設立《シンガポール》

1999年

02月

本社機能を全て東京へ移転

2000

2000年

03月

PAP・クアンタン工場 POM製造開始(年産30,000トン)

2000年

07月

帝人株式会社との合弁によりウィンテックポリマー株式会社を設立(7/31)

2001年

01月

TEPCOをPolyplastics Taiwan Co., Ltd.(略称:PTW)と改称

2001年

07月

Polyplastics Trading (Shanghai) Ltd.(略称:PTSL)を設立《7/1 中国・上海》

2001年

12月

PTM Engineering Plastics (Nantong) Co., Ltd.(略称:PTM)を設立《12/24 中国・南通》

2002年

09月

中国における年産60,000トンのPOM重合プラント 建設プロジェクトの合弁基本契約調印

2003年

01月

ダイセルグループとの協業による開発支援ビジネス「PLAMOS(R)」を開始

2004年

05月

本社事務所をJR品川イーストビルに移転

2005年

05月

Polyplastics (Shanghai) Ltd.(略称:PSL)を設立《5/24 中国・上海》

2005年

10月

PTM・南通工場 POM製造開始(年産60,000トン)

2005年

11月

環状オレフィン・コポリマー(COC)をTicona GmbHからダイセル化学工業株式会社(現・株式会社ダイセル)と共同で事業買収し、TOPAS Advanced Polymers GmbHを設立《ドイツ・フランクフルト》TOPAS Advanced Polymers Inc.を設立《アメリカ合衆国・ケンタッキー州》

2006年

04月

テクニカルサービスセンターをテクニカルソリューションセンターへと改称(略称:TSCは変わらず)

2007年

05月

PSL重慶分公司を開設

2007年

06月

PSL広州分公司を開設(6/7)PSL深圳分公司を開設(6/12)

2007年

12月

中国にChina TSCを開設《12/25 中国・上海》

2008年

02月

Polyplastics Marketing (India) Private Ltd.(略称:PMI)を設立《2/18 インド・ムンバイ》

2008年

05月

富士工場 LCP重合プラント能力拡張(年産8,200トン)

2008年

11月

タイにASEAN TSCを開設《11/7 タイ・パトゥムターニー》 富士工場 LCP重合プラント能力拡張(年産10,000トン)

2010

2010年

02月

富士工場におけるLCP重合能力の増強計画を発表(年産:15,000トンへ)

2011年

09月

Polyplastics Korea Ltd.(略称:PKL)を設立《韓国・ソウル》

2011年

11月

富士工場 LCP 重合プラント能力拡張 (年産15,000トン) PTW・大発工場 コンパウンド能力拡張(年産35,000トン)

2012年

03月

Polyplastics (Nantong) Ltd.(略称:PNL)を設立《中国・南通》

2012年

04月

PMIデリー支店、チェンナイ支店を開設(4/1)Polyplastics USA, Inc.(略称:PolyUS)を設立《アメリカ合衆国・ミシガン州 ファーミントンヒルズ》

2012年

06月

PPSの全世界で販売開始と商標を「ジュラファイド (DURAFIDE)」へ変更することを発表 創業50周年(6/26 創業記念日)

2012年

09月

液晶ポリマー向けモノマーメーカーであるドイツのLCP Leuna Carboxylation Plant GmbH (略称:LCPG)を買収

2012年

11月

Polyplastics Europe GmbH.(略称:PolyEU)を設立《ドイツ・フランクフルト》

2013年

05月

インドネシア・ジャカルタに駐在員事務所を開設

2013年

08月

Polyplastics Marketing Mexico, S.A. de C.V. (略称:PolyMX)を設立《メキシコ・メキシコシティ》

2013年

10月

PNL・南通工場 コンパウンド生産開始

2014年

02月

LCPの商標を「ラペロス(LAPEROS)」へ変更することを発表

2014年

03月

ASEAN TSC(タイ)、規模を拡大してリニューアルオープン

2016年

09月

帝人株式会社からの株式取得により、ウィンテックポリマー株式会社をポリプラスチックス株式会社の100%子会社とする

2016年

12月

PAP・クアンタン工場 コンパウンド能力拡張(年産35,000トン)

2017年

04月

株式会社ダイセルと共同出資しているTOPAS Advanced Polymers GmbHへの出資比率を45%から51%に引き上げ

2017年

09月

ベトナム・ホーチミン市に駐在員事務所を開設

2018年

04月

TOPAS Advanced Polymers Inc. をPolyUSに合併

2019年

04月

ウィンテックポリマー株式会社を吸収合併 Americas-TSC(略称:Am-TSC)を開設《アメリカ合衆国・ミシガン州 ファーミントンヒルズ》

2019年

07月

PolyEU、TAPがラウンハイムへ移転

2019年

08月

ベトナム・ハノイに駐在員事務所を開設

2020

2020年

09月

TOPAS Advanced Polymers GmbH(略称:TAP)のCOC(環状オレフィン・コポリマー)重合製造設備の新規増設を決定

2020年

10月

ダイセル、セラニーズ保有の当社の発行済み全株式を取得し、100%子会社とする

2021年

01月

富士工場、生産性高度化の新拠点 F-BASEが完成、供用開始